群馬県主催「食物アレルギー公開講座」に参加しました。

2017年11月18日

何かしらのアレルギーがある人が多い昨今、時に気を使うのが「食物アレルギー」なのでは

ないでしょうか。

幼児に発症する食物アレルギーは10年間で2倍に増加しているそうです。

そんな関心の高いテーマーの公開講座が、群馬県健康福祉部 食品・生活課食品安全推進室が

主催となって開催されました。

アレ

2年前に施行された「食品表示法」でも、アレルギー表示については重要視しており

食品を製造メーカーも、記載漏れのないよう神経を使っています。

ただ、消費者の為に改正された「食品表示法」も、その内容を消費者が理解している

事が少ないように感じます。

「消費者に知ってもらう:good:」その事が次の課題だと思います。

消費者が正しい情報を身につけているれば、悪徳な食品メーカーが減っていくのでは

ないでしょうか。

今回の講座では、新しく県が作成した「正しく知ってる?食物アレルギー」という

パンフレットの説明があり、作成チームメンバーでのパネルディスカッションもありました。

パンフ

このパンフレットは、これから保健所や福祉施設等で販売されるそうです。

1部20円みたいです。

講師は、大学病院の小児科の医師なので専門的な話が多く、大変勉強になりました。

講座に参加した人も、栄養士や養護教員・保育など関係深い職業の方が多く

「食物アレルギー」は、どこの施設でも心配の多い課題なんだと思いました。

また幼児に発症しても、大人になると治るケースもあるので

個人あった治療法を早く見つける事も、重要らしいので、

専門医に相談してみるのもいいのかもしれませんね。

冬のおすすめ商品2

2017年11月12日

寒くなってくると、大根が美味しい時期になりますね。

煮物やおでんもいいですが、漬物も乙な物です。

べったら漬

江戸時代から親しまれている《べったら漬》が入荷しました。

べったら漬を食べると、「冬になったな〜」と感じる人も多いのでは。

店舗にて、好評発売中です:heart04:

べったら漬 1個 398円(税込)

冬のおすすめ商品1

2017年11月12日

だいぶ街は、クリスマスモードになってきましたね:xmas:

たむらやから【冬におすすめ】商品のご紹介です。

まずは、群馬の隠れ名品の《もつ焼き》です。

豚の生産量が多い県のせいか、もつ煮やもつ焼き(ホルモン焼き)を食べる機会に

恵まれている群馬県。専門店も多いです。

もつ焼き

もつは、下処理がたいへんなので手作り派より、

手軽にスーパーや専門店などで購入し、家庭や野外で食べることのでは:icon2_smile:

期間限定で販売している《もつ焼き》は、美味しいとされている

豚の「直腸」だけを使用しています。

この直腸だけは、けっこう貴重らしく、他の部位も混ざっていることが

一般的らいしいです。

味付けは、たむらやオリジナル味噌「さざれ石」を使った味噌ベース。

焼くと味噌の香ばしい匂いが、食欲をそそります。

冷凍で販売しているので、保存がききます。

突然「もつ焼き食べたい:shock:」という時に便利です。

是非、この機会にいかがでしょうか。

*冷凍華やぎセット 3,600円(税込)

店舗では、単品販売となります。

若宮店・千代田町本店 共同企画

2017年11月02日

お歳暮のシーズンになりました。

そこで若宮店・千代田町本店共同企画として、折り込むチラシを配布します。

前橋市若宮町近郊エリアに、配布となりますので明日の朝刊をお楽しみに!

(エリアや新聞社によっては折り込みチラシが入らない場合がございます)

171103_tamurayaD4omofin

171103_tamurayaD4urafin

折り込みチラシには、プレゼント引換え券もありますので、

ご来店の際にはお忘れなく!

たむらや漬物教室開催のお知らせ

2017年11月02日

11月になり、今年もあと2ヶ月を残すのみ:icon2_wobbly:

そんな2017年の締め括りに、たむらやで『たくあん漬』をしてみませんか。

最近では、自分でたくあん漬をする家庭も少なくなってきているので

この機会に体験してみませんか。

たくあん

開催場所は、たむらや若宮工場となります。

興味のある方は、たむらやの各店舗にお問い合わせを。

詳細は随時決まり次第、お知らせとなります。

たむらや店舗情報

たむらや「第4回野菜市」開催中です

2017年10月14日

10月14日・15日はたむらや野菜市を、前橋南部店で開催中です。

北海道からの直送野菜は、旬のかぼちゃや、じゃがいも達

またファンも多いブランド野菜「わだのごぼう」ももちろん販売しています。

相変わらず太くて、りっぱな“ごぼう”で、アクが少なく甘みがあるので、素揚げやサラダが

おすすめです。

農家の方は、ごぼうジュースにして飲んでいるとか:icon2_coldsweats02:

さすが生産者は違いますね。

ごぼう

北海道

その他にも旬の野菜や果物を販売しています。

野菜市

また本日の上毛新聞にも掲載された

共愛学園前橋国際大学とのコラボ商品《王様の漬物》も

この2日間だけ、学生さん自ら試食販売しています。

コラボ

群馬が誇る、生産量日本一の「モロヘイヤ」の有効利用を目的とした

この商品は大好評です。

学生さんも熱心に試食販売しています。

明日も野菜市を実施していますので、是非お越しください。

大学との共同開発品

2017年10月09日

食欲の秋になりましたね。

たむらやでも、今週末に「第4回野菜市」を開催します。

北海道産の新鮮野菜を始め、群馬県でただ1人知事に認定された

「こんにゃくの達人」の手作りこんにゃくも販売します。

そして目玉は、共愛学園前橋国際大学の学生と共同開発した商品の

試食販売会です:heart04:

この企画は、授業の一環で「バーチャル・カンパニー」を設立し、

地元の企業に協賛を集い「地場産業の理解」をコンセプトに

《群馬》をキーワードにした商品を共同で開発することです。

そして最終目的であるバーチャル・カンパニー全国大会「トレードフェアー2017」で

発表することなのです:flair:

大会は12月に京都で開催され、今年で17回目になるそうです。

共愛学園前橋国際大学は13回目の参加となり、先輩達はいろいろな賞を受賞している

実力校です:icon2_lovely:

今回、たむらやと一緒に商品開発するのは「もろへい屋」というバーチャル企業。

群馬県の特産品ではある「モロヘイヤ」の再利用を目的としています。

モロヘイヤと、たむらやの商品をどう組み合わせるか等の打ち合わせを重ね

いよいよ商品製造日を迎えました。

見学1

もちろん、学生さんも参加です。

見慣れない製造現場に、戸惑いながらもトレードフェアーに向けての

情報収集に余念がありません。

見学2

黙々と作業をこなす作業者たち。

実務

学生さんも体験しちゃいます。

自分が携わった商品は愛着もひとしおです。

商品

できあがった商品は、茹でて刻んだモロヘイヤに、たむらやの逸品「しその実あられ」と

大人気の「山いもみそ漬」を和えたネバネバ商品です。

ご飯にかけたり、麺類にのせても美味しいです。

10月14日・15日が先行販売となりますので

是非、お越しください:icon2_happy02:

《2017年中之条ビエンナーレ》に行ってきました。第三弾

2017年09月30日

さて2年間待ちに待った中之条ビエンナーレも、そろそろ回り終わりです。

会場によっては、過去の作品がそのまま残っている場所もあります。

2年前

こちらは、2015年の作品。木の成長から歳月の流れを感じます。

神社

神社と一体となった、屋外ならではの作品。

前日の台風の影響はなかったみたいです。

ここにはその他に、「音の作品」がありました、数カ所にスピーカーが

隠れていて、人の話し声などが不規則に聞こえてきます。

神社の物々しい雰囲気と合った作品で、いつまでも佇んでいたい場所でした。

人

会場がかわり、屋外にあるだいぶ大きな作品。迫力があります。

ボタン

どこにでもある「ボタン」をつないだ力作。

つい貯まってしまったボタンも、こんな風にアートになるんですね。

光が反射して、とても綺麗でした。

教室

広い教室を思いきり使った作品。かなり好きです:heart04:

手作り

こちらは、たぶん作家さんが手作りしてくれたスリッパ。

会場の入り口にありました。

手作り2

作品とつながりのあるスリッパを用意してくれるなんて、その気遣いが憎いです。

最後は四万温泉エリア。

四万地下

地下にあった作品。土地柄か地下のある建物が多い印象です。

サル

途中で野生のサルを見かけました。

四万温泉は、自然が豊かで四万ブルーと言われる「四万湖」もあり、

温泉成分は透明で柔らかなお湯です。

共同浴場(無料)も3カ所あり、地元民以外の人でも15:00まで入浴でき、

旅館でも日帰り入浴をできたりと、温泉を気軽に楽しめます。

もう紅葉も始まっていますので、秋のドライブがてらに、是非群馬県にお越しください。

《2017年中之条ビエンナーレ》に行ってきました。第二弾

2017年09月30日

秋晴れが続く内に、中之条ビエンナーレの残りの地区を回りました。

今回は中之条周辺エリアです。

ガラス

こちらの作家さんの他の作品が、ショップで販売されていました。

ブロンドの三つ編みが印象的です。

糸

私的には「The!ビエンナーレ」という作品:good:

学校

廃校になった学校もアートで蘇ります。

マッチ

こちらは海外の作家さんの作品。何で出来ているか分かりますか?

なんと「燃えたマッチ棒」です:icon2_shock:

気の遠くなるような数を燃やしたんですね〜

マッチ2

かなりインパクトのある力作です。

作家さんによっては、会場に泊まり込みで制作をするらしいのですが、

納得ですね。

今日のランチは、中之条町ふるさと交流センター《つむじ》のカフェで:cafe:

rannti

天気が良かったので、外で食べました。

歩き回ったので、お腹がペコペコです:icon2_shock:

中之条の町中は、歩いて回っている人を多く見かけます。

住民とすれ違うと皆さん気持ちよく「こんにちは!」と挨拶してくれます。

今回のビエンナーレでは、今ままで以上に「中之条住民」の協力体制を

感じました。

作品にために、自宅にある写真を提供したり、絵を書いたり、モデルになったり

「なんでそんなに働き者なの〜」と感動します。

それに、ボランティアで会場の受付もしてくれています。

協力

こちらの作品は、作家さんをモデルに中之条の住民が実際に書いた絵です。

わざと短時間しかモデルを見ないで、直感で描いてもらったそうです。

中には、人間の姿ではなくカエルだったり、意味不明のものだったりと

見ている方は、かなり面白かったです。

こうなると住人はアートの一部ですね。頭の下がる思いです。

もちろん他の地域からも、ボランティアで自主的に参加している方々もいるそうです。

そういう方々のお陰で、毎回楽しく見させてもらっているんだなと感じます。

ありがとうございます:heart04:

《2017年中之条ビエンナーレ》に行ってきました。

2017年09月30日

2年に1度開催される芸術の祭典《中之条ビエンナーレ》

今年は開催の年です。

すでに残り1週間ちょっとなっているので、だいぶ訪れた方も多いのでは:icon2_happy02:

最初に訪れたのは、なんと日本遺産に登録されている「六合地区」

建造物群保存地区に指定されているので、蔵や土壁が残っています。

DSC01470

この雰囲気が作品と合っているんですよね〜

縄

この作品は、赤岩地区にある要所の土で縄を染色した作品。

地元の人は、「土なんてどうすんだ〜?」と不思議に思いながらも作家さんに

協力したそうです。

しかし場所によって地質も違い、様々な色合いに染まっている縄は

土地とアートが一体になった、素晴らしい作品となりました:heart04:

作家さんの発想の豊さと、地元の方々の協力体制の良さに感動した作品でした。

ビエンナーレの作品は室内だけではなく、屋外の展示もあります。

鹿

青空と雲とのコラボ

外

入り口から撮影する楽しみも:icon2_happy02:

もちろん、室内をわざと暗くし、光を使った作品もたくさんあります。

鹿2

下の水に写った姿も乙な物。素敵です:icon2_wobbly:

アートを満喫した後は、人間と自然が作り出したアートを見に

ちょっと足を伸ばして、高山村まで行きました。

お目当ては、群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」の田んぼアートを見るためです。

高山村は、県立ぐんま天文台や大理石村ロックハート城が有名なところ。

田んぼ

道の駅「中山盆地」から見られます。

田んぼ2

今年は酉年なので、2羽の鳥と遊ぶぐんまちゃんです:heart02:

きちんと群馬県からのぐんまちゃん利用の許諾番号もいただいています。

道の駅に温泉施設も併設されているので、温泉も楽しめちゃいます。

近くには、高原らしくキャンプ場もあります。

秋の夜空を見ながら、キャンプもいいですよね〜:shine: